不安に押しつぶされる前に~強迫性障害は治療で改善できます~

強い不安に襲われる症状

男性

具体的な症状と改善策

何かによる影響ですごく不安に陥ってしまったり、間違いがないか何度も確認を行ったりする症状を強迫性障害と言います。要はひどい強迫観念に襲われてしまい、それから逃れようと異常な行動を取ってしまうようになります。自分ではおかしなことをしていると分かっていても、なかなかその行動や考えを抑えることができないのです。この強迫性障害はよくある例として、体に付いた汚れを落とすために何回も手を洗ったり、その場を繰り返し清潔に保とうとします。潔癖症という言い方もできますが、汚れていることを異常に恐れてしまうために、何回も同じことを繰り返すところが特徴です。そして、仕事では間違いがないように確認をするのですが、確認ができても後でまた不安になり、何回も同じことをしてしまいます。この他にも、車を運転することで他人に危害を加えないかひどく心配してしまう場合もあります。また、自分で決めたルールで行わないと不安になる症状も疑いが強いです。強迫性障害は本人に自覚がある場合やそうでない場合もありますが、いずれにせよ、そういった強い不安が精神を疲れさせてしまいます。異常なほどそれに神経を使ってしまうので、仕事上や人間関係にも支障が出てしまうことも考えられます。こういった強迫性障害は、専門の病院で治療を受けていくことができ、症状も少なからず落ち着いてくるかもしれません。強迫性障害は脳の機能異常ということが分かってきたので、そこから治療に取りかかっていくことができます。もともとの性格的な影響も少しはあるかもしれませんが、それが全てではありません。この症状を何とかしていきたい場合は、病院で相談してみるのがいい方法です。

主な治療法

この強迫性障害を診てくれる病院は、精神科や心療内科などがそうです。主な治療は投薬となり、脳の機能異常を正常にコントロールしていくようにします。効果が出てくるのに時間がかかるかもしれませんが、経過を見ながら焦らず受けていくことが必要です。この原因となっている脳の機能異常は、セロトニンという物質が不足していることで症状が出てしまうと言われています。ですので、投薬でセロトニンを正常な量に保つようにしていくのが目的となっています。そして、行動療法も行われ、これは自分で追い込んでしまわないように訓練していく治療です。不安にならないように練習していくことで、それに慣れて習慣にしてもらうために行われます。手が汚れていると思ってもそれをあえて我慢したり、確認作業も1回で済むように癖づけていきます。不安になってもそれ以上考えないように徹底させることで、考えが変わり異常な行動も徐々にしないようになります。強迫性障害は1度症状がひどくなると治りにくい傾向もあるので、この治療をきっかけに改善していくのが最善策です。強い不安がなくなり、心配のない生活を送れるのは心の安定にはとても必要なことです。余計な気疲れをしなくて済むので、とても快適な毎日が送れるようになります。自分に自信が付くことで恐れることもほとんどなくなるので、人間形成にも治療が効果的です。この治療のお蔭で行動範囲が広がったり、ストレスに強くなることも十分に考えられます。新たな可能性を信じて、強迫性障害を克服していける勇気を持つことが大切です。

Copyright © 2016 不安に押しつぶされる前に~強迫性障害は治療で改善できます~ All Rights Reserved.